脇脱毛をして感じたメリットとデメリット、どっちが勝る?

脇脱毛をして感じたメリットとデメリット、どっちが勝る?

私が実際に脇脱毛をして感じたメリットとデメリットを踏まえ、結果どちらが勝るかについてお話したいと思います。

 

脇脱毛に関して良く言われる事柄の一つに、脇汗が増えるという説があります。私も確かにそうだと感じます。私自身元から新陳代謝は良い方で汗をかきやすい体質ではあるのですが、脇脱毛を行なってから、さらに汗の量は増えたと感じています。

 

例えば冬場、身体のどこにも汗をかいていない状態でも脇だけは汗ばんでいるということがあります。

 

それ故服選びには気を遣うようになりました。グレーのような汗シミが目立つような色合いの服は絶対に選びません。また材質が薄いものもシミが目立つので避けています。なるべく白または濃い色合いのもの、厚手の素材のものなどを選んで着るようになりました。誰もそこまで自分の脇に注目していないことはわかるのですが、気になると余計に汗をかいてしまうのでやはり気を遣っているというのが悲しいですが本音です。

 

逆に良かったと感じる点は、脇汗はかいても腋臭が解消されたということです。一般的に腋臭の方は、日頃汗をかきにくい体質が故に、汗がじっとりしていると聞きます。その点では脱毛により脇汗をかきやすくなった為、常にさらさらとした汗をかき、その後脇もさらっとしていてニオイもせず不快感はありません。

 

もう一つよかった点は、彼に脇を褒められたことです。ノースリーブを着た際に脇が見えたようで、綺麗だねと言ってくれました。脇が傷になっていたり、黒く剃り残しがある人もいるからと言っていたので、男性は意外と見ているんだなと思いました。ある意味、ジャッジも女性よりシビアなのではないでしょうか…。

 

私自身、脱毛をしようと思ったのも自己処理に限界を感じたからでした。出来るだけ綺麗にしていたいと思えば思う程自己処理の頻度は上がり、それに反比例するかのように肌は荒れて行きました。剃り残しや黒ずみ、出来物ができてしまうこともあり、人前で脇を出すなんて考えられない!と、とても悩んでいました。

 

私個人的な意見ではありますが、脇の脱毛をした今だからこそやはりメリットの方が多いと言えます。脇脱毛をして良かったです。汗をかけるということは健康である証拠でもありますし、洋服は少し工夫してあげれば良いのかなと思います。何より、自分がコンプレックスに思っていた部分を綺麗だと褒めてもらえたことはとても嬉しいものです。